お電話でのお問い合わせ 050-5215-2062

弾きっこ会 2021年2月

 年に2回ほど、レッスン室に4~5名ずつ集まって互いに弾きあう時間を作っています♫
弾きあいっこする・・・名づけて「弾きっこ会」
 子どもの頃、ピアノの前で友達と”ねこふんじゃった”を教えたり教わったり、そんな気軽な弾きっこを、ふだん練習している曲でやりたいと思って始めました。
”聴いて聴いて”って気持ちは子どもならではですよね。

 今のお子さんたちが弾きたいと思う曲は様々です。クラシック・JPOP以外にもYouTubeで聴いている曲が多いです。
曲名を聞いて「え、なになに」と聞き返しては教わっています(笑)
数曲候補をだしてもらい、なければ私から数曲提案。
アレンジやテクニック面を助言した上で最後は本人が曲を決めます。

ここから、”ねこふんじゃった”と違って、長~い譜読みの日々がスタート。
レッスン内ではソルフェージュ(読み書き聴音など)の時間を十分にとれませんから、楽譜は今の譜読みの力より少し易しめくらいがベストです。
自分で読み進めることができなくてはいけません。地道に根気よくくり返し何度も練習する---そんな大真面目なことをおうちで一人でするって、そもそもすごくないですか。お母さんが横につかずとも、自分の意志でピアノを触り続けることができるなんて。

その助けとなるのが弾きっこ会です。ピアノをとりまく横のつながり。私の演奏をこんな風に聴いてくれたんだ。あの子、こういう曲が好きなんだ。音がきれい。。。次はこの曲聴いてもらいたいな。

不思議なもので会話の輪には入れなくても音の輪には入れます。
そんな出会いと思いを積み重ね、ピアノライフのどこかに他者がいる。
意識せずとも練習するモチベーションにつながっていきます。

 弾きっこ会が目指すところは、どんな演奏も「私の音楽」と思えること。
練習を重ねた分、「できたできない」はつきまとうかもしれない。
ただその演奏は、音を聴き、みんなの前だからこそ生まれた音。
そんな音を共有する時間をこれからも楽しみに見守っていきたいです。

ピアノ

2021.3.1

TOP